憧れの結婚式を行うための予算を徹底分析

予算を知ってから計画を考えよう

食べ物やドリンクの費用

結婚式を挙げる時は、ゲストが来てくれます。
参加してくれたゲストをもてなすための費用が必要になります。
食事やドリンク代で、大体120万円前後です。
もちろんゲストの人数によって、価格が変わります。
なるべく結婚式の費用を安く抑えたいと思っている人は、招待するゲストを少なめにするのが良い方法です。
家族や親戚、そして本当に仲の良い友人たちだけを招待することで、結婚式の費用をかなり削減できるでしょう。

衣装で70万円ぐらいの費用が発生します。
この金額には、ヘアメイクも含まれています。
さらに結婚式を挙げる時は華やかな雰囲気にしたいので、会場にたくさん花をセッティングすると思います。
その時の花だって、無料ではありません。
新郎新婦がお金を出して、花を用意します。
会場を飾り付ける費用も忘れないでください。
結婚式を挙げる会場を借りる費用は、大体20万円になります。
ゲストを招く時は、招待状が必要になります。

会場に来たゲストは、好きな場所に座って良いわけではありません。
席が決まっているので、案内するための席次表を準備しましょう。
招待状や席次表などをまとめて、ペーパーアイテムと呼んでいます。
ペーパーアイテムを準備する費用も、ちゃんと用意しましょう。
ゲストを案内できないと、混乱を招くので大変なことになります。
自分たちのことだけを考えるのではなく、お祝いに来てくれるゲストのことまでしっかり考えて、結婚式の計画を進めてください。

必要な予算を前もって確認

結婚式を挙げる際は、300万円ぐらいが相場だと言われています。 そのうちの3分の1は、食事やドリンクに使われます。 結婚式では、ケーキ入刀という過程があると思います。 その時に使用するウェディングケーキも用意しなければいけないので、食事代が最も高額になるでしょう。

会場の代金などを知る

会場を借りなければ、結婚式を挙げることはできません。 それぞれの会場によって費用が変わりますが、大体の相場があります。 早めに調べて、予算配分を決める時の参考にしてください。 またウェディングドレスやタキシードも借りるので、衣装の費用を計算しましょう。

ゲストを結婚式に招待する

招待状を送らないと、ゲストは結婚式があることを把握できません。 日時や会場を記載することで、ゲストが来てくれます、 必ず用意して送ってください。 席次表なども用意しなければいけないので、ペーパーアイテムの予算を把握しましょう。 手作りにしても、業者に依頼しても構いません。